日中足データの取得・作成

実際にプログラムを組んでみる。
まずは、ログイン処理・・・
これは、データベースに入っている、私の証券会社のIDとパスワードを設定して、
submitするだけである。簡単である・・・。
はずだが、なぜか、変遷してない。
処理的には問題ないはずだが・・・。
取得したhtmlを見て、びっくり、Safariで普通に見ているときにはわからない現象が起こっていた。
おそるまじ・・・。
原因がわかれば対処はできる。
結局、数時間はまってしまった。
ログインしてしまえば、現在のログイン状態を内部変数に保持しつつ、
必要な会社のデータをリクエストすればよい。
現在値だけであれば、注視すべき銘柄をボードにいれて、それをリロードするのが、
処理は速いが、やはり、せっかくの日中足データ取得をするのであれば、
気配値もとりたいので、一つずつリクエストすることにする。
途中、
・ 気配値の取得
・ 表示されている現在時間の取得
ではまる。
気配値取得では、売り買い気配値がそれぞれ、
・5本ある場合
・5本ない場合
・5本以上ある場合
が、あって、htmlからどのように取得すればよいか、
ロジックが思いつかずに時間がかかる。
散歩中に思いついた・・。やはり気分転換は必要だ。
日時取得では、日時が文字列として扱われていることから、
データベースにinsertする時に文字列となってしまい、
日時型に設定したフィールドに入らない(デフォルト値)という現象であった。
処理中の変数を見ても、どう見てもおかしくない。
試しに日付を抽出して成形する作業を取得の直後におこなうと・・・・・・
動いた!
と、いうわけで、Perlの処理中にも日付であることを認識させておかないと、
DBIで処理をするときにうまくやってくれないようである。
そんなこと、どこにも書いてないぞ・・・。(って、見てないだけでしょうけど)
試行錯誤で、なんとなく動くようになる。
あとは実際の取得。
でもこればかりは、付き合えない(ザラ場は仕事だし)ので、
心配ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。