イートレへのログインチェック

イートレへのログインチェックをする。
今まで、ベタベタにソースにチェックするロジックを書いていたが、
今回はイートレの取引関係をパッケージにしているので、
ちゃんと、Check_Loginという関数を作った。
イートレへリクエストを出すと時間がかかるので、
寸前の状態を取得して、そのhtmlにログアウトボタンがあるかで判断した。
試運転ではちゃんと動いてそう・・・。
明日からは、実際の発注部分を書いていきたい。
ざっとhtmlをみた感じでは、「取引」ボタンから、フォームに必要項目を入れて、
Submitしたらいけそうな感じである。
単純な作業なので、すこし手間がかかるかもしれないが、
ちゃんと作っておかないと、テスト=本番なので、こけると怖いので、
慎重に作りたい。
(単位とか、金額間違えるとエライことになりますからね(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。