イートレ注文成功

やっと、注文を出すことができました。
昨晩午後8時までメンテで動きがわからないことから、
その周辺のプログラムをつくりつつ、メンテ終了から注文処理をコーディングした。
結局は、注文確認までいっていたので、確認をするところだけであったが、
実際の注文までには、重要な買い建てる株数や、成行か指値か、といった判断をしなくてはいけない。
今回は、1回辺りの標準取引価格をデータベースで定義し、その価格と取引価格から、
株式数の計算をした。
指値はデイトレでは必要であるが、スイングの場合は実際の取引値を見て発注することから、
成行で発注することにした。
テストでは、成行で価格に0を設定したら、エラーになったり、イートレのシステムに振り回された。
現在の日中足データは古いことから、明日から、うちのシグナルと現在保有している銘柄を、
監視するようにしたい。
発注は寸止めしつつ、メールなどで注文シグナルを出すことにする。
そろそろお盆休みの時期であるが、本業が繁務のためとれそうにない状況である。
こんな時に盆休みでザラ場をみれれば一気にすすむんですけどね・・
こればかりはどうしょうもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。