Macの優位性

最近は、DOSVのWinマシンでのシミュレーションが追いつかないので、
メイン機のMac miniもシミュレーションに参加している。
1週間くらい経つが、Macの優位性を感じる日々である。
Macではメール、WEBの閲覧、サーバの監視、システムの開発などを、
平行して行っているが、表で動いているシステムが遅くなることはない。
当然、CPUは100%で、メモリもスワップしまくっているが、
それでもほとんど影響がない。
それに対してWinなマシンは、シミュレーションの処理の優先順位を下げて、
メモリスワップもほとんどおこらない状況で作業しても、
カクカクになってしまう。
これはほんとうにOSの仕事の仕方だと思うが・・・
Vistaになってましになったのかもしれないが、いまのところVistaへの移行の予定はないので、
我が家では、Mac優勢はしばらく変わらないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。