新しい指標の追加

久しぶりの生書き込みです(^^;
なんせ毎日は鯖書き(サーバからの書き込み)で、
毎晩、それを微調整するだけですので・・。
生書き込みしていない毎日はなにもしなかったわけではなく、
日々、プログラムのチューニングと、シミュレーションを繰り返しております。
では、なぜ書き込みできなかったか・・
それは、毎日の作業があまりにも単調な作業の繰り返しで、
書き込み事がなかったからです(^^;
そんな、単調な毎日の作業とは・・
1 週末に新たな手法をプログラム
  例えば、利益確定を単純な基準額ではなく、基準額を超えると利益確定額と、
 損きり額を随時見直しながら、利益を追求しつつ、急落時には対応できるようにする。
2 シミュレーション用サーバの準備と実行
  日曜日の夜に、シミュレーションの種を植えたプログラムを用意し、
 シミュレーション用のサーバを準備し、稼働させる。
3 平日は計算の経過を観察
  平日は帰りが遅くなり新たにシステムを作ることもできないので、
 計算の経過を観察しながら、当初想定の計算をしているか見る。
  サーバの負荷のバランスが悪ければ、バランスを調整する。
などの作業をしています。
この2ヶ月くらいでわかったきたことは、
FXのシステムトレードは、
・ 過去一定期間(3ヶ月とか)で成績の良好なシステムやロジックは、
 過去の長期のテストでは成績ががた落ちし、赤転する場合もある。
・ 長期のテストの結果を基に、実時間トレードすると、なぜか成績が思い通りに
 ならない。
と、いうことです。
これは、いろんな指標やロジックを、あらゆる組み合わせで行っても、
思い通りのシステムにはなりません。
先日、成績を月別に並べてみました。
すると、同じ指標でも勝つ月と負ける月に明確にわかれます。
しかも一定の周期で勝ち負けがでてきていました。
これは、従来行ってきた、短期的なテクニカルだけでなく、
ファンダメンタルな部分も加味して、適切なテクニカル指標を選択していかなくては
いけないということだと認識しました。
ですのでパラメータとして、ファンダメンタルな部分を数値化して、
各通貨ペアごとに与えてやれば、ある程度思い通りのシステムになるのでは
ないかと考えます。
ただ、私はあくまで、人の手は全く触れずに、サーバのみで取引できることが
目的なので、この、パラメータ自信を、長期のテクニカル指標から、
もってくることができれば良いのではないかと思っています。
今日は、いつものように、あらたな指標を追加して、シミュレーションを1週間
させるつもりでいますが、今後は、ファンダメンタルな部分を数値して、
パラメータとして与えれるようにしたいです。ジョギング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。