Mac mini帰ってきました

Mac miniが帰ってきました。
予想より早いタイミングで帰ってきました。
当初、3週間程度といわれていたものが、
1週間で帰ってきたことから、Linuxへの環境の移行が、完全に終わる前に帰ってきました。
こんなことなら、全部の環境をLinuxに移行する必要はなかったんですが・・
ただ、株式やFXの取引は、あくまでもMacでできるようにしようと思っています。
システムトレードは、いろんなリスクを背負いながら実施していかなくてはなりませんが、
そのひとつが、取引等を行うパソコン側の安定性があります。
私見ですが、Windowsは様々なソフトがあり、非常に魅力的ではありますが、
取引専用機として構築できればよいのですが、メインマシンとして使いながら、取引をバックグラウンドで行うには、
不安定すぎて恐いです。
Linuxは、安定的に使うことはできますが、逆にメインマシンとして使うには、環境の構築などで煩雑な部分があり、
踏み切ることができません。
その点、Macなら日頃のメインマシンとしての作業を行いつつ、
バックグラウンドでは、頑強なUNIXマシンとしての性能をいかしつつ、安定的に取引システムを構築することができます。
今回の故障の一件で、開発環境をはじめ、種々のサーバ環境は、Linuxに移行してしまいましたが、
株式とFXの自動取引関係については、Macに再移行したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。