メニュー勝手に消さない

開発環境が、VisualC++6.0からVisulaStudio2010に変わったことを書いた。
基本的なMFCがかなり大きく変わっていて、便利になったのはいいけど、
かなり設定などが変わった。
その一つにメニューの表示がある。
昔のメニューは全て表示するのが当たり前だったが、
最近(?)は使わないメニューは表示しなくなり、なんどか使っていると、
最初から表示するようになる。
今作っているソフトは、メニュー項目が消えると困るので、
リソースなどを見たり、CMenu(すでにこれをみてる時点で古い・・)の
メンバをみたりしていた。
ネットでぐぐってみたりもしたけど、あまり情報がないままに、
ソースをみていると、それらしきコードが・・・。
CMainFrame OnCreate で、SetBasicCommandsへの
リスト登録。
なにやら基本メニューの登録らしく、
ここにメニューIDを登録しとくと、いつでも表示してくれる。
やれやれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。