確定申告のe-tax失敗

この時期といえば確定申告。
今年もe-Taxをすべくいろいろと触ってみました。
去年は、
1 Macでのe-Tax失敗(カードリーダ認識せず)
2 仮想化Windows7上でのe-Tax失敗(カードリーダ認識せず)
3 実機Windows7でe-Tax送信成功
と、申告書を作成するよりも、送信に多くの時間がかかってしまいました。
今年は1はあきらめ、2をがんばってみました。
今年は2の仮想化Windows7上でのカードリーダのドライバインストールから
始めました。
Mac上でUSBを認識させずに、VirtualBox上のUSBにバイパスして、
ドライバをインストールすると、無事認識することができました。
これで実機を動かさずに申告を送信できる!
と、思って送信しようとした瞬間・・・・
「有効期限切れ」
なんと住基カードの有効期限は3年でした。
いまさら取り直して、また送信なんかできません。
紙出力して封筒に入れて郵便で送ることにしました。
いつになったら、スムーズに送信することができるのか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。