webkitを使ってみる

webkitを使ってみる。
webkitは、Mac OS Xの標準ブラウザのSafariのレンダリングエンジンで、
これを、自分のプログラムで使うと、Safariでみれるページは、基本的にはそのまま取り込むことができます。
めんどくさがり屋の私はこれをつかうことにします。
これも高機能すぎて、使う機能を絞るのが大変です。
とりあえず、やりたいことは、
・ URLを生成する。
・ URLをリクエストする。
・ 取得したhtmlを解析する。
・ 必要な情報を配列に取り込む。
・ 数ページに情報がわたるときは、URL生成から繰り返す。
  (ページ内に、次のページへのリンクがあればそのリンクを使う)
・ 銘柄数だけ繰り返す。
基本は、こんな流れですね。
webkitには、この辺の作業に便利な関数が用意されれいるので、
比較的、スムーズに開発できそう。

Xcodeを使ってみる

先日、Interface Builderで、テスト用の画面を作りました。
そこで、いろんなイベント関係の設定をすると、Xcodeにひな形を作ってくれます。
そこに、適切なコードを書いていけばいいんですけど・・・
Objective-C が、わかりにくい(–;
いや、きっとわかりやすいはずだけど、今までPureC(要は普通のC)しか使ってこなかった私には難解すぎる・・。
抽象的すぎて、なんとも・・・。
Appleのデベロッパーページで、サンプルソースがあるので、
手当たり次第にダウンロードして、ソースに慣れる。
とりあえず、webkitの用法を調べよう・・・

まずは、Interface Builderでデザイン

まずは、株価情報をHP上から取得するのが先決。
取得にはいろいろと方法があるようですが、たいそうなシステムを作るつもりもないので、
とりあえず、日足データを、「ヤフーファイナンス」から、
取得することにする。
今日のところは、とりあえず、これを表示する部分を、Interface Builderで作ることにする。
Ib1_1
こんな、感じでいいかな。
疲れたので、続きはまた・・・

Xcodeにしとこ

いろいろとHPを調べてみる。
AppleのHPとか、みてみると、
「Xcode」ってのが、かっちょいい開発環境のようだ。
早速、Amazonでこの本をGetしてみる。
結構、わかりやすく説明されている。
昔、System7の頃にプログラムをしていたけど、だいぶ違いますな・・・。
Apple純正の開発ツールだけど、非常に良くできているよう。
こんな開発環境を無償で提供してくれるAppleってば、ほんとに太っ腹です。
Interface Builder で、ボタンなどの配置をして、
Xcode でコーディング、デバッグまでできる。
これで、しばらく開発していこうかな。

どうやって、開発しようか・・

Macで株取引ツールを作りにしても、どうやって作ろうか・・。
ちなみに、私はごく普通のMac好きな事務系サラリーマン、開発時間も限られているし、
できることはしれてるので、スタンダードな方法で行きたいところです。
私のMac遍歴はおいおいふれるとして、現在の環境は、
Mac mini !!(PowerPC G4/1.25GHz/1GB/40GB)
そうです、普通のMacminiです。
メモリは増やしてますけど、256MBではすこし重いらしいので、
ここは贅沢しておきました。
ちょっと、HPで開発環境を勉強しよっと・・・

Macな人って株取引しにくい?

年末に有給を無理矢理消化してみる。
株を少し持っているので、デイトレでもしてみるかな?
あれっ?、なんでMacだと株式ツール使えないの・・(;;)
そう、私がメインの取引をする証券会社での、株式取引ツールはWindows専用らしい。
ちゃんと、FAQにも「Macには対応していません。」と、断言されているので間違いない。
じゃあ、他の証券会社を見てみると・・・、同じですね。(Windowsのみ対応)
ディトレしている人って、株式取引ツールを駆使して取引をしていると何かの本で見たけど、
みなさん、Windowsな人なんですね。(–;
あんな、かっちょいい画面で取引したいですね。
しかたないので、Macでとりあえず、WEBの更新ボタンを押しながら、取引してみる。
ザラ場って、気配値みたり取引するのおもしろいですね。
結果は・・・、しないほうがよかった・・・(;;)