とりあえず日足データの取得できそう

EclipseでのPerl作業は非常に快適である。
今までは、エラーが出た行を一つずつつぶして行ったが、
Eclipseであれば、常時シンタックスチェックをしてくれるし、(うっとうしいほど・・(^^;)
エラーメッセージを見ながら、ソースを訂正できるので、非常に効率が良いです。
さて、過去の日足データを取得するシステムは、テストベースでは順調に取得できている。
最初、TreeBuilderで解析した後に、$tree->deleteするのを忘れていて、
メモリを食いまくっていたが、無事原因がわかり、
Jcodeも快適に処理をしてくれている。
実際に全データの取得を試してみると・・、想像通り、ヤフーから拒否されます。
当然といえば当然です。
人間ではあり得ない速度でとり続けるのはおかしいですからね。
とりあえず、負荷の少ない時間帯で、適度にインターバルを取りながら、
全データの取得が完了しました。
次からは、毎日の日足データの追加をすればいいので、
今回のような全部の取得をすることはないと思います。
ただ、実際の運用まではしばらく試行錯誤することになるので、
データベースで最後の取引データ日付から、当日まで取得するように、
改良して待機させることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です