日中足データの活用

先日までで、とりあえず日足データの取得はできるようになった。
現状のデータで、日足データを解析して、売り買いのシグナルを出し、
翌日の寄りつきで成行or指し値で買いを入れつつ、約定すれば、売りの注文をだせば、
普通にスイングトレードはできそうである。
それであれば注文を自動化せずとも、夜に帰宅後、kabu.comで、買い注文をいれて、
リレー注文で、売り注文をW指し値などでいれれば、対応できる。
ただ、それだと、タイトルの「Macが株取引」でなくなってしまうので、
なんとか、日中にリアルタイムな株価や気配値を見ながら、処理したい。
そんなわけでリアルな日中足データを取得することにする。
問題は、このデータをどこから取得するのか。
HPで調べると本当のリアルタイム株価は価格的にきつい・・・、と、いうか普通に趣味でやるには、
全く無理な金額である。
そんなわけで、
・ 日足データから翌日に動きのあるであろう株を推定する。
・ 証券会社(今回デイトレ用に開設した某e証券)からほぼリアルタイム株価を取得
・ 取得できた株価をデータベースに格納
・ 取得できた銘柄の分析をして、売り買いのシグナルをだす。
・ シグナルによって、実際の売買をする。
と、いった感じで処理しようと思う。
取得する情報は、
・ 取得日時(or取引日時)
・ 取引価格
・ 4値
・ 出来高
・ 気配値(売り買い5本に統一)
などを取得する。
間隔は1分おきくらいでよいかと思っています。
この辺は実際に取得、解析、注文、などのCPUの食い具合などを見ながら
決めたいと思います。
あまり、たくさん、証券会社にリクエストすると、クレームがくるような話も聞きますんで、
常時監視する管理銘柄も、30~50程度になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。