シミュレーション結果のデータベース化

今日は天気が良く、外遊びにはもってこいの日であり、プログラムはあまり進まない日であった。
Excelでシミュレーションの結果を見たり、
履歴で実際のチャートで変なところで売買をしていないか、
などを検討してみた。
結果は、概ね仕方ないかなぁ・・といったところ。
チャートを見ると、どうしても先をみてしまうので、
まだ落ちるやろ・・、なんでもう利確するかなぁ・・などと、考えてしまうが、
先の見えていない状態から考えると、概ねいけてると思う。
そこで、この結果から実際の売り買いサインを出すシステムになるのだが・・
当初、このシミュレーション結果は、毎回計算をするので、最適なパターンだけを出力して、
他の過程は捨ててしまうつもりであった。
ただ、後の検証などを考えると、シミュレーションで出てきたパターンや、
シミュレーションの履歴をデータベース化して、あとでこれを分析すると、
もっといろんなことができそうな気がしてきた。
そんなわけで、サインを出す前に、この結果をデータベース化することにした。
ここで、シミュレーション結果と履歴のテーブルをどのようにするのが良いか・・
正規化からすると、当然に分けるのがスジであるが、
履歴は自動で処理して分析する予定はない。
そんなわけで、シミュレーション結果の最後にたらたらと、BLOB型で保存することにした。
(決して面倒なだけではない(^^;)
これで各処理の結果などはすべてデータベースに格納されることになる。
もっと、軽いシステムにするつもりが、データベースを中心とした、おもたーいシステムに
なってきている。(^^;
最終的には、このシグナルや根拠をWEBなどで公開することを考えると、
データベース化しておく方が楽なので、当初のイメージよりは重たいが、
このまま進めることにする。
今日の作業は、
データベースのテーブル定義(すぐ終わるけど)、
データベースにInsertする処理のコーディングの途中、
までの作業であった。
なんとか来週の取引からシグナルだして、実際の売買(手売買)に
使いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。