指標作成シミュレートこける

風邪薬のためか、強烈な眠気が襲ってくる。
今日は今日中に寝なくては・・
先日から実施している、シミュレートは午後9時過ぎまで順調に作業をおこなっていた。
9時過ぎに、div0でプログラムがとまる。
原因はわからないが、プログラムは眠いので明日見ることにする。
出てきた数値の分析をするには、十分なデータがあつまっていると思う。
実行環境はMacのターミナルを使っているので、
とりあえず、シミュレートした銘柄数と総レコード数はすぐに判断がつく、
wc awkで数える。
とてもExcelでは扱えない・・・。
容量は・・・220MB・・。
MySQLに流すのもありだが、今日はとにかく眠い。
DOSVメイン機のAccessに流して処理してみる。
計算した
銘柄数 639
時間  20時間
レコード数 458,724(3回以上のトレード)
平均レコード 717レコード
試行パターン 16,769,916回
のべ計算日数 11,738,941,200日
と、いう感じです。
中身をざっとみると、
・用意した指標はすべて使っている
・銘柄によって採用している指標が相当ユニーク
など、いろいろとわかってきた。
ここの分析は重要なので、明日ももうすこしじっくりながめたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。