シミュレーションループの効率化

やはり、先日の最後に書いた、
「テキストで出力したときより、データベースに格納した方がレコード数が少ない」
と、いう感覚は間違っていなかった。
よく考えると、単純にパターンをループで生成すると、単純に組み合わせをする時では問題ないが、
その中で、適宜チョイスする場合だと、だいぶロスがでてしまう。
それは承知の上だったかが、そこに比重がはいると、ロスどころか、切り捨てができずに、
重複した結果を出力していることになる。
よく考えるとわかるけど、思いつきで作業していると、作るに精一杯でその辺に頭が回らない。
結局、5つの指標で3つを選択する組み合わせは、
5C3で10通りになるはず、その中で比重をつければ、
効率的に計算できるはずである。
どれだけ効率が上がるかは、いろんなところが関係するので、あえて計算せずに、
とりあえず、修正しよう・・・。
でも、どうも、うまくロジックが、思い浮かばない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。