シグナルの「kikan」と「rieki」について

先ほど、コメントで、シグナルに出てくる
「kikan」と「rieki」について質問がありました。
説明したつもりで投稿していましたが、
思いこみでしたm(__)m
kikanは「シミュレーションでの平均トレード期間(営業日ベース)」
riekiは「シミュレーションでの平均利益金額(円)」
と、いうことになります。
ですので、翌日の寄りつきで買うときに、すでに寄りつきで、
平均利益金額よりも上がっていると、シミュレーションの結果からすると、
すでに利益はでてしまっていることになります。
シミュレーションでは、翌日寄りつきで買っていますが、
同じ考えの人が多くおられる場合は、寄りつき価格が高くつく場合もあると
思いますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。