FXデータベースの構築

先日から軽い気持ちで始めたFX関係のシステムが重たくなりつつある・・
通貨の組み合わせを限定して、シグナルを出す指標を限定すれば、
比較的安易にシステムができると思っており、
実際の運用をしながら手を入れていこうと思っていたが、
シミュレーション結果が結構怖い結果になったりし、
簡単に実践投入するとあっという間に、証拠金が底付きそう。
たしかに情報の収集や取引処理については、
株のシステムとあまりかわりなく、実際2,3日で構築できてしまった。
ただ、シミュレーションの精度を上げようとすると、多くの計算が必要だし、
多くの計算を効率的にしようと思うと、データベースを活用して、
中間結果などを蓄える必要もあったりで、結局は、株の時と同じ手間がかかっている。
また、予想外なのがデータ量の多さ、株式は1分ごとに情報を収集しているが、
FXは1分の動きでは相場についていけないので、3秒ごとに収集をしている。
そのデータ量が相当に多い、株の時のように何年ものデータを検証するわけにもいかず、
2,3週間分のデータで検証作業をしている。
(全然検証になっていないかもしれないけど・・)
具体的なものは、また落ち着いたら書けたらと思う。
今日は、FXの基本データ(取得日時、各通貨のレート)から、
各指標を計算した結果をデータベース化する部分を作成したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。