実戦プログラムの作成

先週から実戦プログラムの作成を考えている。
先週は一週間、バックグラウンドのDOSVマシンで、
全通貨ペアのFX指標のシミュレーションを継続していたが、
思わぬアクシデントで作業が中断してしまった。
1月分のデータから指標を見つけるつもりだったが、
結局半月分くらいで止まってしまった。
先週の段階ではシミュレーション結果をCSVではき出していたので、
アクセスに流し込んで作業をしようとすると、データベースサイズ1GBで、
ソートやら抽出をしていると「スタックオーバーフロー」とのエラーがでて作業が進まない、
製品として売っているものが「スタックオーバーフロー」とは・・・MSおそるマジ。
結局、今日シミュレーションプログラムにデータベースへの結果はき出し機能をつけた。
先ほどからシミュレーションを開始したが無事動いているようである。
とりあえず半月分のシミュレーションで心許ないが、
一日に2,3取引し、半月間損失がでない指標なども導き出しているので、
それらを利用して実戦としたい。
実戦に向けて、種の指標を投入しないといけないが、
これも本日作ったシミュレーション結果から抽出するようなものにして、
指標の見直しも機械的にやっていきたい。
今日から実戦用プログラムの作成とテストを開始したいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です