メインDOSV機初期化(;;)

最近の状況を書き留めることにする。
ここ半月くらいは・・
1 FXシミュレーションの4月分を実行
2 DOSVメイン機のシステムを誤って初期化したために復旧作業
3 個別シミュレーションの実施
4 SAPIの研究
などを行っていた。
それぞれ、結構濃い内容なので、分けて記載する。
1 FXシミュレーションの4月分を実行
  5月の初旬から4月分に取得した、FXの3秒足データの解析作業をしている。
 解析といっても、今までに書いているとおり、システムが自動でシミュレーションを繰り返しているので、
 特に、なにをするわけでもないが、結構、毎日の進行状況などを確認するのに、
 神経をすり減らしている。
  もうすぐ終了しそうなので、終了次第、最適指標の抽出作業をしたいと思う。
 (と、行ってもこれもアクセスが作業するだけだけど・・)
2 DOSVメイン機のシステムを誤って初期化したために復旧作業
  なんといってもこれが痛かった・・
  ある日、XPがいきなり動作が重たくなり、ほとんど作業ができなくなった。
  CPUをsvchost.exeというのが喰っている・・
  一瞬ウィルスを疑うが、結構頻繁にチェックしているし、環境的にも結構気を遣っているので、
 システムがおかしくなったのかと思い、いろいろと検索してみるが、原因は不明であった。
  別Partitionに、別OSを入れて修復しようとした・・その瞬間、
 別OSのインストーラがいきない、C:をフォーマットし始めてしまった。
  C:はシステムであるので、当然、その瞬間にXPはおだぶつとなってしまった。
  気を取り直しXPを入れ直し、環境をもとに戻し、WindowsUpdateからMicrosoftUpdateをかける・・
  またCPU振り切れてる・・、再度、検索をしてみると、なんと、MSのUpdateがバグってることが判明
  結構世界中でおなじようなことをした人いるんでしょうね。
  それにしても、MSのMSによるバグ・・しかも結構致命的。
  正直街角のソフト会社のソフトでもこんなことにはならんですよ・・
  世界最大のソフト会社とは思えないソフトです。
  やっぱり、MacなOSがよろしいですね。
  そんなわけで、新たな環境を整えるべく作業を始めている。
  それは、現在、様々な作業を分担しているサーバを、仮想化していく構想である。
  ちょっと、長くなってしまうので、また別記事に書くことにする。
3 個別シミュレーションの実施
  本番処理用のシステムはすでにリアルタイムで稼働している。
  予想以上に順調に稼働しているが、成績が予想以上に最悪な状況である。
  開始2週間で、当初の証拠金が消えてしまった。
  指標の選択も必要であるが、根本的なロジックを見直す必要を感じ、
 現在は、本番処理用のシステムを改良し、過去のデータを基にシミュレーションを行うようにしている。
  これは、シミュレーション用のシステムとちがい、RSIなどの各指標をその都度計算しているので、
 非常に動作が遅いが、同じ指標でロジックだけを修正を繰り返す作業には最適で、
 徐々に成績の良いものができている。
 現在、同時に5つの指標をリアルで動かしているが、今後は、そのうちの一つを選び、
 実際のシミュレーションを行いたいと思う。
4 SAPIの研究
  実は、現在のFXや株の取引システム以外に、SAPIを利用したシステムも構築している。
  結構枯れた技術とおもっているのであるが、サンプルもすくなく、日本語のサイトはほとんど見かけない。
  この分野も書き出すと長くなるので、また、別記事で書いていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。