サーバの仮想化(NetBSD on VMWare)

今日はサーバの仮想化の作業を進めた。
先日までに、VMWare上でNetBSDを構築した。
これで可搬性も向上し作業効率が上がった。
今日もサーバでtelnetdの設定までは、いつものDOSVマシンで行い、
その後の作業はシミュレーション用(現在はシミュレーション用だがゆくゆくは雑居サーバ候補マシン)で
おこなうことができた。
やはり、実マシンでないので、いろいろとひっかかる部分はあったが、
仮想化ができてしまえば、普通のサーバと同様に作業ができるし、
様々な作業を一つのマシン上で動かすことができて非常に便利である。
今までは、データ管理や、メール関係、WEBサーバ関係がごっちゃであったが、
すべて別々に仮想化すれば、お互いをIPで通信しつつ、危険を分散できる。
しかも、仕事量が増えてくると、別のマシンに気軽に引越することができる。
今はフリーのVMWareなのでできることには限りがあるが、個人でサーバをたてる分には
全く申し分のない性能がでている。
具体的な構築法は・・・ノートには書いたけど、また、時間ができれば書きます(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です