各サーバの統廃合2

この週末に行った作業をまとめてみます。
内容は作業のメモを残す意味が大きいので、
株&FX目当ての方はSkipしてください。パクッ
・玄箱の設定
やはりファイルサーバは重要なサーバである。
従来から使っているNetBSD1.6でSambaを起動していたが、
容量が不足していたことから、Debian化した玄箱を再稼働させることとした。
ただ、今回の見直しの中でファイルサーバは他のサーバと併用しないほうが、
セキュリティ面からも重要と考え、Debianでなく素の玄箱で利用することにした。
rm -rf /
で、ファイルシステムごと消し去り、再セットアップを行う。
設定関係はSafariから行えるので、特に苦労なし。
・Hotlineサーバ
これも重要なサーバである。
ファイル交換用ではなく、チャット用である。
そんな訳で大容量HDDも高速CPUも必要ない。
仮想サーバでの稼働も試してみたが、やはり常時稼働させるには、
Winなサーバには不安が残る・・・
そんなわけで、現在使用している(FX取引などを自動実行している)Macに
載せることにした。
選択肢は、
・shxd
・Terra
・hxd for OSX
結局、導入の容易さから、Terraをチョイス。
バージョンは1.2b1である。
導入は、Macのアプリケーションにコピーして実行するだけ。
後はメニューから設定項目やアカウントを設定するだけである。
ファイル共有は主眼に置いていないので、設定をしていないが、
どうも、アカウントごとの共有フォルダの設置が、
shxdなどとは微妙に違うようである。
NetBSDで利用していたshxdは、各アカウントに、filesフォルダをつくって、
エイリアスを設置すれば良かったが・・・
とりあえず、チャット用ということで・・・しょんぼり
・メールサーバ
今、利用しているOSが10.4なので、自動的にPostfixとなる。
今まではSendmailを使っていたのだが、OSの標準なので仕方ない。
特に難しい設定も無いようなので、とりあえず、実際のサーバの停止の時に、
試してみたいと思う。
あと、Dyndnsの更新やらは、また時間が空いたらするつもり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。