クリック証券からのレート取得

以前に書いたとおり、クリック証券からのレート取得システムで、
まれにレートの取得漏れが発生していた。
どうもレートを取得した後、データベースに格納するまでの
ロジックで、まれにうまくいかずに取得できないことがあることが
判明した。
先週末にプログラムを修正し、今週は新プログラムで取得した。
その結果、履歴の取得もれはなくなった。
原因は、Perlの数値と文字列の扱いが自由すぎたことへの甘えであった。
数値として計算したものを、文字列として加工していた。
従来はこれでうまく動いていたが、取得するページがすこし変更になり、
そのわずかな変化が、Perlの数値文字列変換に影響したようだ。
ちゃんと数値文字列を管理しとけばそんなことにはならなかったんですが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です