海外(AT&T)のiPhoneを使う その5(文鎮からiPodTouchへ)

前回、購入したiPhoneが完全文鎮化してしまったことを書いた。
iOS5にUpdateした後、初期画面で言語の設定やアクティベーションを行う。
今までなんの苦労も無かったが、今回、その画面から全く進まない。
iTunesからもSIMが認証できないなどと言われる。
ガラケーで使っているSIMを刺したり、WIFIルータで使っているdocomoSIMを
刺してみたり・・。
原因は元々AT&TのiPhoneだからか・・・。
ちょうどその時、AT&TがSIMロック解除をすることを表明。
(なにやら裁判で負けたらしい・・)
SIMロック解除とアクティベーションとは、意味合いが違うのは
重々承知しているが、AT&Tへとりあえず、SIMロックを解除してもらえるよう
電話してみる。
アメリカのフリーダイヤル(1-800・・)は、Skypeからだと無料で通話できる。
地球の裏側だというのに音声の遅延もない、便利な世の中だなぁ・・。
結果は、「AT&Tの電話持っていない人にサポートできることはありません!」
と、断言されました。
日本だともう少し食い下がっても良いのですが、
つたない英語ではとても食い下がることもできず敗退。
その後、ヤフオクで「Gevey」なる認証用のSIMカードを購入。
AT&TでもOKとの触れ込みだったので、念を押して購入。
・・・
待つこと二日。
刺してもみても、なんの変化もなし。
取引連絡してみるが、容量得ず。
まー800円というのは、そういう値段か・・と思い諦める。
その時、とあるHPで、ある方法により、
アクティベート画面からホーム画面への脱出方法を知る。
これでホーム画面に入ることができるので、
SIMを認識できるかも・・、とがんばるが、
結局認識できず。
右腕が腱鞘炎になっただけでした(;;)
(まじで痛いです・・・)
その後も、サイト探索の日々が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。