不安定な相場の中での自動取引

不安定な相場での自動取引は、本当にむつかしい。
前にも書いているとおり、取引はシストレ、取引判断はファンダメンタル。
今週は、アメリカの予算不成立に伴う、公共機関への影響が出始め、
来週以降は予算執行面で問題山積み、こんな時は為替が想定以上の動きがでてしまう。
重要指標の発表時は取引を停止するようにしたが、今回のような偶発的なイベントは、
個別に対応しないといけない。
今週の結果的としては、
本番取引は、
1,158,273 → 1,177,981  +19,712
デモ取引は、
1,000,000 → 1,061,141   +61,141
と、なりました。
本番は、水曜の朝から金曜の夕方までの2日間。
デモは、通しで稼働させました。
稼働時間に比例しているので、結果的には為替の動きが大きい割には、
システム的にはきちんと取引ができたようです。
来週以降も不安定な動きになると思いますが、
できる限り稼働していきます。
(本番)

(デモ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。