日本骨髄バンクからの封書

昨日、日本骨髄バンクから懐かしい色の封筒が・・

前回に骨髄提供、その後採血を行い、次の提供は保留にしていたはずなのに・・・
不思議に思い電話してみると、最初の保留連絡から2年で自動的に保留がはずれて、
提供可となるとのこと。
今回は至急の提供依頼となっている。
今からだと丁度3月の中旬から下旬、一年で一番忙しい時期にあたり、
かなりきつそう・・・
バンクに電話しても、忙しいなら断ってください、とのこと。
まー反応としては当然のことですね・・。
この間は韓国の人だったみたいですけど、
今回はまた別の人なんでしょうか。
今は責任ある立場でもあり、簡単に仕事を休むこともできないし、
この年末にすこし考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。