perlでJSONを使う

先の記事にも書きましたが、
今回はJSONで配信されたレート情報をデータベースに格納します。
この作業の簡単なこと。
元もと、JAVAやPHPなどのLL用のデータ交換プロトコルなので、
当然といえば当然ですが・・
use JSON qw/encode_json decode_json/;
で宣言。
$indata = decode_json($a->content());
でindataに展開されます。
@{$indata->{quotes}}
でforeachかけて、
配列から各レートを取りだして、
MySQLにInsertするだけです。
ちょっと、ハッシュから配列取り出すところで、
書き方分からずに、手間取りましたが、
2,3時間で対応できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。