MacOSの再インストールでAppleIDを聞かれる時の対処

以前から使っていたiMacを処分しようと初期化している時に、
AppleのHPで書かれていない事象が出て困ったのでメモしておきます。

よくあるシチュエーションだと思いますが、
古いMacを購入し、時代に合わせてmacOSをアップデート(AppleはOSを無料でUpdate)して利用
人に譲渡する際にOSを再インストールして初期化して渡します。
そこで、AppleのHPにあるように、Mac を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきことを参照して、

iTunes からサインアウトする
iCloud からサインアウトする
iMessage からサインアウトする
ハードドライブを消去して macOS を再インストールする
と、順に処理をしていきます。
このままmacが初期化されるのですが、なぜか再インストールの時に、
AppleIDを聞かれます。
「これって・・・完全にパソコンと自分のAppleIDがきれていないのでは・・・」
と、心配になってしまいますね。
その心配どおり、これをそのまま譲ると、次の人が再インストールする時に、
OSを入れれないことになるそうです。
そこで、解決策としては、自分でOSを購入する、ということでした。
私の場合は、このMacのOSをアップグレードする時に、ShowLeopardのDVDを買っていたので、
このDVDで再インストールしました。

これだとAppleIDと結びついていないので、このDVDと一緒にMacを渡せば大丈夫です。
今回はMac用にDVDでOSを買っていてよかったです。
今、買っても2500円くらいで買えるので、そんなにうろたえるほどではないですが、
やはり知らないと、不安になりますね。
と、いうことでメモでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です