webkitを使ってみる

webkitを使ってみる。
webkitは、Mac OS Xの標準ブラウザのSafariのレンダリングエンジンで、
これを、自分のプログラムで使うと、Safariでみれるページは、基本的にはそのまま取り込むことができます。
めんどくさがり屋の私はこれをつかうことにします。
これも高機能すぎて、使う機能を絞るのが大変です。
とりあえず、やりたいことは、
・ URLを生成する。
・ URLをリクエストする。
・ 取得したhtmlを解析する。
・ 必要な情報を配列に取り込む。
・ 数ページに情報がわたるときは、URL生成から繰り返す。
  (ページ内に、次のページへのリンクがあればそのリンクを使う)
・ 銘柄数だけ繰り返す。
基本は、こんな流れですね。
webkitには、この辺の作業に便利な関数が用意されれいるので、
比較的、スムーズに開発できそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。